2011年11月19日土曜日

懐かしの石膏像


昨日、大雨の中、息子の高校の授業参観に行きまた。
どのクラスの授業を参観してもよい、フリースタイル(?)な授業参観でした。

数学や化学、物理なんかを参観してもチンプンカンプンです。
国語や古典なんかを参観してもあんまり面白くなさそうです。

そんな訳で、芸術(美術)の授業を参観することにしました。

授業が行われる美術教室の手前から、懐かしい匂いが漂ってきました。
油絵具を溶く時に使うテレピン油の匂いです。
懐かしい匂いです。

美術教室に入ると、懐かしい石膏像がずらりと並んでいました。

左から、マルス、ラオコーン、ガッタメラータ、ブルータス、モリエール。
高校生の頃、しこしこ木炭デッサンしていた頃を思い出しました。

因みに授業では、学生たちが油絵で自画像に挑戦していました。
芸大を卒業してまだ4~5年程度の若い女性の先生が教えていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿